「休業しろよ」ベッキー休業で不倫相手ゲス川谷に“両成敗”求める声

2016年01月29日 17時48分

ベッキーの休養で“両成敗”を求める声が上がっているゲス川谷

 不倫騒動に揺れるタレント・ベッキー(31)がレギュラー番組「にじいろジーン」(フジテレビ系)の30日放送回から休演すると発表された。さらに日本テレビ系「真実解明バラエティー!トリックハンター」「天才!志村どうぶつ園」「世界の果てまでイッテQ!」の3番組の出演も当分見合わせる。

 

 他のレギュラー番組の降板も必至な状況で、既に10社あったCMもすべて放送終了。不倫の代償をベッキーが痛いほど味わっている中で、世間の目が向いているのは不倫相手である「ゲスの極み乙女。」ボーカルの川谷絵音(27)。ベッキーと〝両成敗〟にすべきとの声がネットで上がっている。

 

 知名度や、「卒論」などLINEでの発言からベッキーにより矛先が向いている今回の不倫騒動だが、新妻がいながら身勝手な行動をした川谷も同罪といえる。

 

 17日に東京・代々木公園で行われたフリーライブではファンに向かい深々と頭を下げて謝罪したものの、ライブ終了後には集まった報道陣から逃げるように会場を去り、きちんと騒動へのコメントをしていない。15日、22日と出演した音楽番組でも謝罪はなかった。

 

 27日にはレギュラー出演していたラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」のコーナーの出演休止も発表されており、公の場で謝罪する機会は再びなくなった。

 

 2月3日には、川谷が活動している別のバンド「indigo la End」が新曲「心雨」を発売。3月から始まる全国ツアーや30、31日に行われる日本武道館での初公演も休止する様子はない。

 

 そんな中でのベッキーが芸能活動を休業するとの報道。火遊びの代償がベッキーばかりに偏る様子に「川谷絵音も休業しろよ」「ベッキーだけに責任取らせて、堂々と活動するな」などとネット上の怒りの矛先は川谷に向かい始め、休養など〝両成敗〟を求める声が後を絶たない。

 

 一方でゲス極ファンの間では「川谷が休むとほかのメンバーに迷惑がかかる」「音楽性と人間性は別」とし川谷への“制裁”を望まない声も。

 

 ベッキー、川谷双方の立場からネット上の意見が分かれる中、唯一「川谷の奥さんが一番の被害者」という点だけは共通していた。