倉科カナ 竹野内豊との交際質問には無言

2016年01月28日 18時48分

舞台「ライ王のテラス」製作発表会見に出席した倉科カナ

 三島由紀夫作の舞台「ライ王のテラス」製作発表会見が28日、都内で行われ、主演の鈴木亮平(32)や倉科カナ(28)らが出席した。

 

 同作は三島由紀夫最後の戯曲を舞台化したもの。過去には北大路欣也(72)主演で公演された。鈴木は「今回は(舞台の中でも)一番本気です。北大路さんに見られて、恥ずかしくないものにしたい。欲を言えば勝ちたい」と高らかに事務所の先輩でもある大ベテラン・北大路超えを宣言した。

 

 鈴木演じるカンボジアの王様の第二王妃役の倉科は「私も今日も本気です。ずっと三島由紀夫さんの戯曲をやりたいという意識が高かった。演技をしていく上で、通らなければならない道だと思っています」と話した。

 

 現在、倉科は俳優・竹野内豊(45)と交際中で、結婚も近いのでは?と噂されている。会場を後にする時に「プロポーズはされましたか?」「結婚は決まりましたか?」と質問が飛んだが、倉科は表情も変えず無言で立ち去った。

 

 会見には中村中(30)、吉沢亮(21)、大野いと(20)、神保悟志(53)、鳳蘭(70)、演出家・宮本亜門(58)も出席した。舞台は3月4~17日まで、東京・赤坂ACTシアターで上演される。