【ブルーリボン賞・主演男優賞】大泉洋「この映画で評価を頂けてよかった」

2016年01月28日 05時43分

“北海道の星”大泉

【ブルーリボン賞・主演男優賞】東京映画記者会(本紙など在京スポーツ新聞7紙の映画担当記者で構成)が投票で選ぶ「第58回ブルーリボン賞」の各賞が26日、決定した。「駆込み女と駆出し男」で主演男優賞に輝いた大泉洋(42)は江戸の離婚調停人を軽妙に演じた。原田眞人監督からは「映らない場面でも常に全力」と評されたが「いつ撮られているか分からないんですよ。映ってる時に止まっていたら怒られますからね。映ってないと分かっていれば走らない。映らないのに全力で走るほどの役者バカじゃない」と照れる。

 地元・北海道のラジオパーソナリティーを降りての映画出演だった。

「20代からずっと続けてきたラジオを“閉めた”ので、申し訳ない気持ちが強かったが、この映画で評価を頂けてよかった」とホッ。