脊山麻理子エロさ爆発! 秘書役でタイトスカートに網タイツ

2016年01月27日 14時27分

左からKONAN、中村静香、脊山麻理子、加藤未央

 当サイトコラムでおなじみのキャスター脊山麻理子(35)が、セガの人気サッカーゲーム「WORLD CLUB Champion Football 2015―2016」に、監督をサポートする「秘書」として登場! 27日、ゲームの発表会見が都内で行われ、脊山同様、秘書役のグラドル中村静香(27)、加藤未央(32)、KONAN(30)らが参加した。

 

 ゲーム内と同じ衣装で登場した4人は、それぞれセクシーさを存分に振りまく。白いシャツに黒のタイトスカート、網タイツという秘書定番コスチュームの脊山は「まじめなファッションをしている女性がもしかしたら一番エロいかも。妄想をそそりまよね」と小悪魔的に笑った。

 

 同ゲームに思い入れがある脊山は「昔付き合っていた人と、このゲームで遊んでいました。まさか自分がゲームになるとは! 秘書は人生で一度もやったことないし、これからもないと思いますが、なりきってやりました」と力が入る。

 

 ゲーム内のセリフではアナウンサーとしての技量を発揮。「ぱきぱきと秘書らしくやったので、使ってくれたらうれしいです。甘えたいプレーヤーは私と一緒にプレーしましょう」とアピールした。

 

 日本テレビ時代、高校サッカーの取材リポートなどに奔走した脊山。「本田選手がちょうど活躍された年でした。世界的選手になって、頑張っていらっしゃる。今は母親のような気持ちでサッカーをする高校生たちを応援しています」と話し、笑わせた。

 

 イベントでは秘書と監督の“ラブシチュエーション寸劇”が行われ、脊山はマラドーナのものまねで知られるディエゴと“いけない関係”を演じてみせた。脊山は過密スケジュールでお疲れの監督に迫り「マッサージしますね。凝っていますね。こっち? ダメですよ」と足をもみもみ。大人の女性のエロさをアピールすると、ディエゴは「オフサイド!」と言いながら喜んだ。

 

 サッカー選手で好みのタイプを聞かれた脊山は「ゴールキーパーが好きです。大きい人が好きで、いかつい人が多いし、ふかん的に物ごとを見てくれて、安心感のある感じがいいですね。最終的には俺がなんとかすると言ってくれそう」。

 

 バレンタインデーも迫るが「男女でプレゼントを渡し合うのがいいかも。待ってま~す」と呼びかけ、男性からのプレゼントを期待した。