住吉美紀アナがラジオで結婚生報告「鳩が仲介してくれました」

2016年01月27日 09時25分

ラジオで喜びの結婚報告をした住吉美紀アナ

 フリーアナウンサー・住吉美紀(42)がブログとラジオで結婚を報告した。住吉アナは26日深夜に自身のブログを更新。家族っ子だったという住吉アナは「チームをつくりたいと思うようになった」「人生を一緒に創っていく家族が欲しいと、心から思っていた」。それから「仕事中心、自己本位に生きてきた20〜30代」を回顧。かなりの恋愛砂漠というアラフォー年間は「きっと”恋愛カルマ”を精算しているのだ、と思った」とつづった。

 そして「随分と自分が変わったと実感したころ、一緒にチームをつくろうと思いあえる人と出会いました。岩手県出身の人で、実家で作っているお米をお裾分けしてもらったのをきっかけに親しくなりました。日本料理を勉強する前の自分だったら発展しなかったご縁かも。その人とご縁を育み、今月、婚姻届を提出しました」と、念願の“チーム結成”を報告した。

 住吉アナは27日、パーソナリティーを務めるTOKYO FM「Blue Ocean」(月〜金曜、午前9時)に出演。オープニング曲は“出会い”がテーマのDREAMS COME TRUE「うれしい!たのしい!大好き!」。番組の冒頭で住吉アナは「たくさんのお祝いメッセージありがとうございます」と感謝。新郎について「フレンチレストランの責任者をしている40歳の人です。共通の友人との食事会に同席し、知り合いました。彼の実家が岩手で、お米を送ってくれたのがきっかけで親しくなりました」と明かした。結婚の決め手は「鳩が仲介してくれました。お米と鳩に足を向けて寝られません」とだけ語った。

 また住吉アナは「アラフォーになって恋愛などうまくいかないこともあって、結婚はムリかな?」と覚悟したこともあったそうだが、「この番組で多くの人の人生模様に触れるようになったのも結婚できた理由かも」と心境を明かした。そして「これ(結婚)がスタートです。番組宛てに夫婦円満のためのアドバイスを送ってください」とリスナーに呼びかけた。