少年サンデー連載「ムシブギョー」 新キャラ「ゲームキャラに酷似」指摘でデザイン変更

2016年01月26日 15時43分

キャラクターデザイン変更を発表した「ムシブギョー」(画像はコミックス1巻)

 週刊漫画誌・少年サンデーは26日、公式ツイッターアカウントで、同誌で連載中の漫画「常住戦陣!!ムシブギョー」の新キャラクターのデザインを変更すると発表した。

 

「ムシブギョー」には、1月6日発売の少年サンデー6・7号に掲載された第235陣(=回)から新キャラクター「陰陽絡繰人形『壱与』」が登場した。しかし、このキャラが中国発のスマートフォンゲーム「少女前線」(日本でも今夏リリース予定)に登場するキャラクター「モーゼルKar98K」にデザインが酷似しているとして、同ゲームの関係者が12日にツイッターを通し「先日『ムシブギョー』最新話に新登場の『壱与』というキャラクターのデザインがあまりにも弊社の『モーゼルKar98K』に酷似しています」と少年サンデーおよび作者の福田宏氏に直接抗議していた。

 

 少年サンデーは「先日『ムシブギョー』の新キャラが、福田宏先生がタイトルすら聞いたことがない海外ゲームのキャラに似ているとの指摘を受けました」と福田氏が同ゲームの存在を知らず、いわゆる“パクリ”ではないと示唆したものの「長年応援して下さっているファンの皆様に無用の誤解を与えてしまうのは作者、編集部共に本意ではないので第9号よりキャラデザインを変更させて頂きます」と今週発売の9号から「壱与」のデザインを変更すると発表した。

 

 連載途中のキャラクターのデザインが突然変更となるのは異例の措置といえる。

 

「ムシブギョー」は架空の江戸時代を舞台に、江戸にばっこする巨大蟲を駆除する“蟲奉行所”の活躍を描く人気作品。2013年にはテレビアニメ化もされている。