GACKT SMAP騒動に「どっちが悪い 興味ない」

2016年01月25日 13時18分

ファンの大事さについて思いを語ったGACKT

 ミュージシャンのGACKT(42)が25日、都内で行われた韓国発の「オラクル美容皮膚科 東京新宿院」オープニングセレモニーに登場した。

 

 アジア最大級の美容皮膚科が日本初上陸し、GACKTはそのイメージキャラクターに起用された。「日本の女性は肌に対する意識が、まだまだだと思う。僕は意外といちゃいちゃするのが好きだが、至近距離に近づくと恥ずかしがる女性も多い。僕がプロデュースしたコースもある。女性たちはどんどんきれいになって、ダメな男たちを翻弄してください」と女性たちメッセージを送った。

 

 囲み取材ではSMAP騒動にも話題が及んだ。

 

「僕がとやかく言う問題じゃない。外野がとやかく言う問題じゃない。新聞とかでは『どっちが悪い』とか報じられいるけど興味はない。彼らは国民的なアイドル。メンバーがやりたいことを、これからの活動を通してファンに届けることになると思う。これからの活動を楽しみにしている。僕も応援している」

 

 ファンの大事さについて、改めて考えさせられたという。「こういうのはポイント、ポイントで気づくもの。今回が大きなポイントだったのでは」と思いを語った。