NMB48須藤凜々花がまさかの“チェリー”ネタ「いつか卒業したい」

2016年01月22日 21時33分

NMB48の須藤凜々花 (C)AKS

 ファン投票で選ばれた楽曲をランキング形式で披露する恒例ライブ「AKB48グループ リクエストアワーセットリストベスト100 2016」初日公演(22日、東京ドームシティホール)で、“りりぽん”ことNMB48の須藤凜々花(19)が赤裸々トークで会場を盛り上げた。
 
 中盤MCで、須藤がメンバーを招いてトークする「りりぽんの部屋」コーナーにAKB48の宮崎美穂(22)が登場。ともにギリギリトークを得意とするだけに、危ない空気がプンプンしたが、いきなり須藤が「宮崎さんの事務所は大きいからヘタなことを言うと(芸能界から)消されちゃうんじゃないかって」とジャブを放つ。
 
 これに宮崎も「(事務所は)ホリプロだからね。大手事務所だし、潰されちゃうかな~」とニヤリ。続けて「見極めながらギリギリにしましょう!」と須藤に提案した。
 
 須藤がまず目を付けたのはAKB48グループの恒例イベント「じゃんけん大会」。須藤は「ここ(48グループ)に入るまではじゃんけん大会はヤオ(八百長)ちゃうんかと思ってた」とぶっちゃけ。続けて「優勝者がぱるる(島崎遥香)さん、篠田(麻里子)さん、(松井)珠理奈さん…」と言うと、宮崎も「優勝者が毎回、超選抜メンバーだったのを見たらそう思うよね。でも、去年なぁあ(藤田奈那)が優勝して、八百長じゃないって証明した」と話した。
 
 ステージにいた藤田は「それって私がヤバイやつみたいじゃない? 悪口?」と抗議すると、宮崎は「まあ、悪口だけどね」と開き直り、じゃんけん大会の決勝戦で舞台裏がザワついていたことを明かし、「ガチだよ!」と断言した。須藤も「夢がありますよね~それは良かったです」と八百長疑惑が晴れてうれしそうな笑みを浮かべた。
 
 須藤といえば、NMB12枚目シングル「ドリアン少年」でセンターに大抜てきされながら、13枚目シングルで選抜メンバー落ちする憂き目に遭った。宮崎から「思い当たる節はある?」と聞かれ、須藤は「炎上ばっかして、大人が愛想を尽かしたんじゃないかと…」と分析。すかさず宮崎は「うまく炎上商法をしないといけないんじゃない?」と説教した。
 
 さらに、炎上エピソードを聞かれた須藤は「チェリーとか…私、チェリーなんです! いいんですかね」と過去にアイドルにもかかわらず“純潔”を暴露し、波紋を広げたことを自ら明かした。
 
 しかし、動じない宮崎は「夢があるじゃない! りりぽんがチェリーなんて」と応援すると、須藤は「ちょっとチェリーに誇りを持ちました」と言いつつ“生涯チェリー”を求められると、「いや、いつか卒業したいです」と発言し、会場のファンをざわつかせた。