森且行 SMAP解散騒動への初コメントは1・26?

2016年01月24日 16時00分

SMAPを脱退して20年以上も経過している森且行

 この1週間、SMAP解散騒動の話題で持ちきりだ。日本だけでなく世界中でも騒がれている。ことはもはや芸能界にとどまらず社会問題。1組のアイドルグループにもかかわらず、安倍晋三首相や菅義偉官房長官などまでがこの騒動にコメントした。政権与党のお偉方が、一介のアイドルグループの解散問題にほとんど例がないだろう。

 そうしたなか、当事者の5人以外では、誰もが「この人のコメントを聞きたい」と思っている人物がいまだにコメントしていない。元メンバーで1996年にオートレーサーに転身した森且行のことだ。

 森は解散騒動発覚後、15〜18日開催の川口オート一般開催に出場した。前検日の14日に報道陣からSMAPの件を聞かれたが「聞かないで」とだけ話し、コメントしなかったと報じられている。

 手前みそだが本紙では、レース部の白鳥幹太記者が周辺などを精力的に取材し、現在の動向を伝えている。そのため他紙より詳しく、森の近況を読者のみなさまにお伝えできていると自負しているが、やはり聞きたいのは本人の言葉だろう。

 SMAPの騒動について、森の話を聞きたくなるのは当然のことだ。森は95年にオートレーサー養成所の入学試験をジャニーズ事務所に無断で受けたことで大問題となった。特にメリー喜多川副社長の逆鱗に触れてしまい、オートレーサー転進後も現在に至るまでSMAPとの共演はいまだに実現できていない。

 今回の解散騒動でも、“SMAP育ての親”であるI女史に付いて独立しようとした中居正広、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾に対してもメリー氏は激怒した。この4人の気持ちが最も分かるのは、オートレーサーとして一流となりながら、いまだに許されていない森かもしれない。とにかくSMAPを脱退してから20年以上経過したのに、まだ許されていないのだ。

 18日には、唯一SMAPのメンバーが揃って出演するレギュラー番組「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)に5人が生出演し、謝罪の言葉を口にした。とはいえ誰が見ても言わされているのがミエミエ。木村拓哉以外の心境は察するに余りある。

 森は次回、27〜31日開催の船橋オート「GIIさざんかカップ」に出場する。ということは26日の前検日に、報道陣の前に姿を現すことになる。

 とにかくSMAP解散騒動については、総理大臣がコメントするほどの社会問題だ。以前SMAPに所属していた森が質問攻めに遭うことは間違いないだろう。かつての仲間の“ナマ謝罪”を見てどう感じたのか? ぜひとも森の言葉を聞きたいところだ。