昨年離婚の田川寿美 25周年で「倖せさがし」

2016年01月19日 15時24分

 演歌歌手の田川寿美(40)が19日、都内の東京大神宮で抽選で選ばれた50人のファンとともに、20日に発売されるデビュー25周年の記念曲「倖せさがし」ヒット祈願を行い、集まったファンに生歌を披露した。

 

 田川は所属する事務所の先輩・中村玉緒(76)がプロデュースしたという、白い桜がちりばめられ、聖火があしらわれた水色の着物姿で登場。今年の大目標である2002年以来となる紅白歌合戦への出場を祈願したという。

 

 昨年、13歳年上の会社役員と離婚した田川だが、縁結びで有名な東京大神宮が会場ということもあり、自身の「縁」について聞かれると「お仕事でですか? お仕事につながるようなすてきで、刺激を与えてくれるような出会いを夢見てます」と無難な回答。

 

 すかさず「仕事以外では?」と追及を受けた田川は「『風と共に去りぬ』のクラーク・ゲーブルさんが好きなんです。ああいうニヒルなカッコいい男性と出会えたらいいなと思います」と、日本人のみならず外国人でもOKと笑った。

 

 続けて「デビューが早かったですけど、いろんな人のご縁に支えられてやってこれました。私は考え込んでしまうタイプだし、25年も歌手を続けられるとは思わなかった」としみじみと振り返り「今後も30年、40年とやっていきたい」と意気込みを語った。

 

 ファンの前で「倖せさがし」など5曲を熱唱し、「一山越えたかな」と心情を吐露。「私もおみくじをひいて帰ろ」と気持ちを新たにした。