SMAP生謝罪でファンの本当の声“排除”

2016年01月20日 06時00分

フジテレビ前でSMAPファンをインタビューする木村拓也アナ(右上)

 テレビカメラの前で5人揃って頭を下げたSMAPだが、まるで「HERO」のごとく、その場を仕切った木村拓哉(43)以外、離脱の意思をジャニーズ事務所に伝えていた中居正広(43)らの4人は“犯罪者”のように視聴者に向かって謝罪した。その様子は、あたかも公開処刑のよう。事務所側は一応、これで決着をつけたのだろうが、本紙だけが書けるドタバタ生謝罪劇の知られざる舞台裏を暴く――。

 全員スーツだが白を基調としたネクタイの木村と、黒をメーンカラーにしたネクタイの残り4人――。18日夜のフジテレビ系「SMAP×SMAP」に出演したSMAPのメンバーはまるで「HERO」1人と、それに成敗され、渋々改心した小悪党4人といった装いだった。

 当初からジャニーズ残留を決めていた木村が「このままの状態だとSMAPが空中分解になりかねない状態だと思いましたので、今日は自分たち5人がしっかり顔を揃えて皆さんに報告することが何よりも大切だと思いました」と口火を切ると、離脱派が元気なく次々と謝罪の言葉を口にした。

 芸能プロ関係者は「スマスマで生で謝罪することが決まったのは、当日のことです。午前中にジャニーズサイドから連絡があり、その指示で急きょ生放送で対応することになったそうです」

 中居ら4人はSMAP育ての親・I女史とともに独立に向けて動いていたが失敗に終わり、テレビ画面を通して日本全国に謝罪させられる“罰”を受け、SMAPとして活動を続けることを許された。「草なぎがわざわざジャニーさん(喜多川社長)の名前を出したのも、メリーさん(喜多川副社長)と(藤島)ジュリー(景子副社長)の指示でしょうね。メリーさんの考えですべてが進んだ」と音楽関係者。

 解散騒動が起きた当初、メリー氏は中居らを「絶対に残さない!」という考えだった。それがなぜ、一転して許すことになったのか?

「メリーさんは怒り心頭でしたが、4人を残したいと考える事務所関係者も多かった。解散を望まないファンの声が多く届いたのは事実です。だが何より、SMAPは年間200億円以上の売り上げがあります。4人が事務所を離れ、解散となったらこのほとんどがなくなるわけです。いくら巨大帝国ジャニーズといえども、無視できる金額ではなかった」とジャニーズに詳しい関係者。

 メリー氏の怒りを少しでも鎮めるために、I女史に付いていこうとしなかった子飼いの木村を“救世主”に格上げするような情報が次々と流れ、SMAP存続に向けた“世論作り”も行われた。

「そもそも救世主の木村にしても、もう1回5人でという熱い思いより、このタイミングで解散すれば多くの人に迷惑を掛け、今後の自分の身にも悪影響が出るというビジネスライクでの動きだったと言われています。とはいえ、反旗を翻した中居ら4人を完全に悪者にすることに成功したのだから、ひとまずメリーさんの気も治まったのでしょう。そして、何よりかわいい娘の天敵だったI女史をジャニーズだけではなく、芸能界から事実上、追放できることが大きい。ジュリーはI女史がいなくなるので、高笑いしているとか」と前出関係者。

 一方、番組冒頭でファンからのメッセージがいくつか流されたが、これらはジャニーズ上層部の“検閲”を通過したものばかりだったとみられる。その実情を民放キー局関係者はこう解説する。

「そりゃ事務所には『解散させないで』といった意見が多く行っているのでしょうが、ウチの局に来る意見には『一方的な報道で、キムタク以外の4人を悪者にするな』といったものや『メリーさんのやり方はパワハラや労働基準法違反ではないのか』というものもあった。ほとんどは女性ファンの意見」

 なぜこのような事態に至ったのかという具体的な経緯を、テレビ局は週刊誌や新聞の引用以外でほとんど伝えていない。そこにも不満の声が寄せられているという。

 それでも多くの熱狂的SMAPファンは、存続決定に喜んでいることだろう。これからメリー副社長、ジュリー副社長母娘の本当の“制裁”が始まることを知らずに…。