【SMAP解散問題】中居ら4人「公開処刑」の全真相

2016年01月19日 12時07分

 混迷を極めていたSMAPの解散問題は18日、一転してジャニーズ事務所が中居正広(43)、稲垣吾郎(42)、草なぎ剛(41)、香取慎吾(38)の独立画策組4人を“出戻り”させる形で、幕引きを図った。だが、5人が揃ってそれぞれが言葉を発した生放送部分は、独立画策組が“さらし刑”に処せられたかのような光景でもあった。ファンが期待する「雨降って地固まる」とはいきそうもなく、実際に解散の火はくすぶり続けている。ジャニーズ残留を選んだ木村拓哉(43)と他メンバーの待遇格差による溝、I女史不在による不協和音など、今後のSMAPを待つ運命は、それこそ空中分解と背中合わせのつら過ぎる日々――。