ゲス極・川谷がフリーライブで謝罪 「ベッキー!」のヤジも

2016年01月17日 15時46分

ファンに謝罪した川谷絵音

 ロックバンド「ゲスの極み乙女。」が17日、東京・代々木公園野外ステージでフリーライブ「ゲスに両成敗でいいじゃない」を開催。タレントのベッキー(31)と不倫騒動を起こしたボーカルの川谷絵音(えのん=27)がファンに謝罪した。

 グレーのチェック柄のスーツに水色のシャツ、赤い蝶ネクタイ姿で登場した川谷は冒頭「集まってくれてありがとう。このたびはご迷惑、ご心配をおかけして申し訳ございません」と、か細い声で騒動について謝罪し数秒間、深々と頭を下げた。

 続けて「僕はミュージシャンなので、これからもいい音楽を作って皆さんにお届けしていきますので、これからもよろしくお願いいたします。これからもよろしくお願いします」と約5秒間ほど90度近く腰を折り曲げて頭を下げた。

 詰めかけた約1万人の客から「ベッキー!」などと騒動をちゃかすような声も飛ぶ中、「ロマンスがありあまる」「両成敗でいいじゃない」など4曲を披露した。

 歌い終わった川谷は「今日は他にもいっぱいやりたいけど、武道館やツアーで待っているので。いろんなファンの声も僕に届いている…」と語ったところで声を詰まらせた。「待ってるよー」という観客に、「これからも頑張って音楽を作るのでよろしく」と声を震わせながら応じた。

 客席からはアンコールの声も起こったが、川谷は窓に黒いフィルムが貼られたバンに乗り早々に会場を後に。終演後約1分という早ワザだった。