副島美咲 小蜜卒業もいきなり壇蜜とかぶりベッキー流に謝罪

2016年01月15日 18時38分

ミツバチ女に扮した副島美咲

 タレントの副島美咲(22)が15日、都内で美少女特撮作品「マイティレディ ザ・レジェンド」(全12話=3月14日から順次DVD発売)の製作発表会見に出席した。

 

 副島は第2話で悪役ミツバチ女に扮し、アクションに初挑戦。「特撮もアクションも初めてで、撮影中すごく緊張した。大変だった。見せ場はバトントワリング。小学生の時にやっていた」と語った。

 

 その一方で、監督に「なんで私がミツバチ女なのか」とかみついたという。副島は昨年まで壇蜜(35)のそっくりさん“小蜜”というキャラで活動しており、壇蜜はかつて「みつばち保険グループ」のCMに、みつばちのコスプレで出ていたからだ。

 

 副島は「去年、かつて壇蜜さんから授かった“小蜜”の名前とキャラを“卒業”し、副島美咲で勝負することに決めた。でも、新年いきなり壇蜜さんとキャラがかぶってしまうとは…。仕方ないので当面は続けるが、早急に“卒論”を仕上げる。まことにケツ礼(欠礼)しました」と、お尻の針を突き出しながら、不倫騒動の渦中にあるタレント・ベッキー(31)を意識した謝罪文句を並べて頭を下げた。

 

 関係者によると「ミツバチのキャラは全くの偶然で、壇蜜さんを意識したものではない」とか。グラビア活動を休止し、いくぶんスリムになった副島は「皆さん、よかったらお尻の写真をいっぱい撮って帰ってください」とサービスし、報道陣から無数のフラッシュを浴びた。

 

 会見には福井裕佳梨(33)、仲村瑠璃亜(25)も出席した。