陣内孝則「SMAP解散は諸星のせいなんだよ」

2016年01月13日 18時41分

左から陣内孝則、市川九團次、諸星和己

 13日に某所で行われた舞台「Honganji」の公開稽古には、俳優の陣内孝則(57)が出演した。
 
 諸星和己(45)のコメント目当てに大挙して訪れた報道陣に陣内は「SMAP解散の日にこんなに来てくださるとは。でも、明日はSMAPが中心? ワイドショーでは隅に追いやられるのかな」などと一人で勝手に話して納得するばかり。

 そうはいっても芝居の出来に上機嫌で「今回は僕の持ち前の透明感やさわやかさを消して演じる。本来、僕は社会派の俳優なんでアクションはやっていないが、今回は多少挑戦している。コメディータッチの部分はほかの出演者に任せて、ちょっとまじめにやります」などと稽古で枯れ気味の声を絞り出して笑いを誘った。

 さらに「稽古中にね、ずいぶん皆に焼き肉を食べさせて、とにかく俺を立てろよと言っている。ギャラはほとんど飛んじゃった」と苦笑すると「僕は控えめにしているけど、かーくん(諸星)がどうしても前に前に行く。NY帰りで腕を上げてるから、僕にいろいろ指図するんだよ。とか言いながら、本当は『陣内さん頑張って』とか裏で一番立ててくれる」と諸星の方を見て合図を送る。

 会見では、諸星が「見どころ? (共演の)市川九團次(43)を見てもしょうがねえだろ。僕が舞台に立ってたらそれでいいんじゃないですか」と大きく出ると、陣内は「すみません。実際はこんなに調子に乗ってるやつじゃなくて、普段は気遣いができるんです」などと平謝り。

 なおも斜に構える諸星を「お前だって芸能界長いから分かるだろう」などと一喝すると「SMAP解散は諸星のせいなんだよ。そういうことにしよう」と無理やり場をまとめた。