ピスタチオがゲス極をライバル視「スキャンダル起こす」

2016年01月13日 16時24分

オオヤマネコのメークで現れた小澤(右)とサルに扮した伊地知

 お笑いコンビ「ピスタチオ」の伊地知大樹(30)、小澤慎一朗(27)が13日、都内で行われた映画「シーズンズ 2万年の地球旅行」(15日公開)の公開記念イベントに出席。タレントのベッキー(31)との不倫騒動に揺れる川谷絵音(27)がボーカルを務める人気バンド「ゲスの極み乙女。」をライバル視し、スキャンダル狙いを宣言した。

 

 同映画は、生命が春を謳歌し始めた2万年前から動物の目で地球の歩みを捉えたネイチャー・ドキュメンタリー。

 

 劇中に登場するオオヤマネコのメークで現れた小澤は「自分がオオヤマネコなのか小澤なのかわからない」とご満悦。一方、えとのサルに扮した伊地知は「映画にサルは出てこないけど、えとで2016年はさらに飛躍したい」と意気込んだ。

 

 今年の目標を聞かれると、伊地知は「小澤さん、頑張ってね! 人任せです」と他力本願を宣言。「2015年は一応、新しい芸人としていろんなところに呼んでもらえた。何人かはやった芸人さんもいなくなってますので、16年ははやったもの、話題のものに乗っかって生き残ろうと思ってます」と自虐気味に話した。

 

 去年はライバルとして「SEKAI NO OWARI」を挙げた2人は、今年も芸人ではなく「back number、ゲスの極み乙女。がライバルです」と若者に人気のアーティストを列挙。小澤が「われわれはそっちのフィールドだと思ってる」と言えば、伊地知も「芸人だと思ってない」とドヤ顔で言ってのけた。

 

「ゲスの極み乙女。」といえば、ボーカルの川谷が不倫騒動の真っただ中。伊地知も意識しているようで「売れっ子になるには、スキャンダルの一つでも起こさないと。アイドルとか俳優さんは『何だ?』となりますが、芸人は『さすが!』となるので、何か一つでも話題性を持ってやっていきたい」と宣言。小澤も「どうぞプライベートを狙ってください」と続けた。

 

 プライベートの目標については小澤は「女性関係。とにかく女子にモテたい」と豪語。伊地知に「去年、芸人としてモテ期が来て一時期、小澤フィーバーが起きたけど、2週間で終わった」と暴露された小澤は「27年間モテなくて、やっと来たモテ期が2週間で終わった。今年は1年間通してモテ続けたい」と切実な思いを明かした。