【窃盗逮捕】キンコメ高橋容疑者の実家は「制服専用御殿」か?

2016年01月10日 10時00分

高橋容疑者

 昨年12月下旬、女子高校生の制服などを盗んだ疑いで逮捕された元お笑いコンビ「キングオブコメディ」の高橋健一容疑者(44)。「約20年前からやっている」と供述した高橋容疑者の自宅からは約600点の制服などが見つかり、所属事務所は解雇とコンビの解散を発表した。そんな高橋容疑者の自宅は“制服専用御殿”になっていたという。

「ここ2か月あまりは実家はまったく電気が使用されていない状況で、もっぱら盗んだ女子高生の制服など盗んだコレクションを保管している部屋になっていた。高橋容疑者も実家ではなく、別の場所に住んでいたようですね」(芸能関係者)

 2011年10月に発売されたDVD「ニコニコキングオブコメディ 冗談にもほどがある!」では、「高橋の実家にある馬鹿な部屋」というコーナーがある。

「趣味のペナント集めの紹介で部屋を映しているのですが、ペナントのある天井周辺しか映さず『不自然すぎる』『何か映せないものがあるのでは』などとファンの間で話題となった。自宅に人を呼ぶことを露骨に嫌がり、芸人仲間から『何かあるのか?』と追及されたことも。制服などコレクションが増えてバレてしまうと、最近は生活拠点を別に移していたのかもしれない」(前同)

 子供のころに母親と死別し、最近まで70歳すぎの父親と2人で暮らしていた高橋容疑者。07年7月には満員の地下鉄車内で痴漢をしたとして逮捕されていた(同年12月に不起訴処分)。

「痴漢冤罪と信じたほとんどの芸人仲間が復帰希望の陳述書に署名した。しかし、20年前から制服を盗んでいたことが明らかになった今、高橋の言動を信じられる芸人仲間はいない。復帰は難しいでしょう」(前同)

「馬鹿な部屋」に収集していた本当のコレクションはペナントではなく、女子高生の制服だったのだろうか。