ベッキー 不倫報道後、笑顔で初の生放送出演 騒動には触れず

2016年01月09日 08時49分

ベッキー

 不倫スキャンダルの渦中にあるタレント・ベッキー(31)が9日、レギュラー司会を務めるフジテレビ系バラエティー番組「にじいろジーン」(午前8時30分から)に予定通り登場した。

 男女4人組の人気バンド「ゲスの極み乙女。」ボーカル・川谷絵音(えのん=27)との不倫報道後、初の生放送出演となったベッキーは笑顔で「あけましておめでとうございます」と挨拶。そして「新年を迎えて新たに挑戦したいことを聞きたいと思います」とコメンテーターに話を振った。最後まで自身の騒動に触れることはなかった。

 ベッキーは川谷との“不倫略奪疑惑”を掲載した7日発売の「週刊文春」に先立ち、6日に都内で涙の緊急会見を開いた。川谷もコメントを発表し、揃って「友人関係」と釈明した。しかし、同誌にはホテルでのツーショット写真や、2人のLINEのやりとりも掲載されており、「友達」で片付けるのは厳しい状況で、不倫スキャンダルは波紋を広げ続けている。

 現在、ベッキーは「モニタリング」(TBS系)や「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)など10本のレギュラー番組のほか、CMでも「太田胃散」(差し替えを決定)や「花王」など10本のイメージキャラクターを務める超売れっ子。好感度も高いだけに、今回のスキャンダルが与える影響は計り知れないほど大きい。

 それだけに不倫スキャンダル後、初の生放送出演となった「にじいろジーン」でのベッキーの言動が注目されていた。