伍代夏子&藤あや子が舞台初共演 杉さま“陣中見舞い”も

2016年01月07日 17時27分

会見を行った伍代夏子(右)と藤あや子

 東京・明治座1月公演「伍代夏子 藤あや子新春特別公演」が7日、開幕した。初日を終えた伍代夏子(54)、藤あや子(54)が会見を行った。

 

 伍代と藤は同い年で仲もいいが、意外にも今回のような1か月にわたる公演での共演は初めてだという。伍代は「歌番組でもあまり絡みがなかったんじゃない。役どころが似ちゃうんですよね。キレイな芸妓さんとか」と話し、藤も「新鮮でしたね」と語った。

 

 公演には日替わりで、若手歌手の三山ひろし(35)、花園直道(27)、山内惠介(32)がゲスト出演する。この日は三山が登場し、藤は「乗ってますから、彼らは。三山君、リハーサルはどうなるかと思いましたけど、さすがですね。本番に強いから大物感が漂ってました」とベタボメだ。

 

 また伍代の夫・杉良太郎(71)は先月、大動脈弁狭窄(きょうさく)症を患い、手術を受けた。伍代は「まだお休みしてますけど、元気ですので。だんだんと元気になっている。この公演中も2人(伍代と藤)をねぎらいに、おいしい食事に連れて行ってくれる」と明かした。

 

 公演は2月4日まで。