【参院選タレント候補】「とくダネ!」3月降板情報の菊川怜、菊池桃子ら浮上

2016年01月08日 10時00分

菊池桃子(左)と菊川怜

 今年夏の参院選へ向け、各党のタレント候補探しが本格化しているという。著名人をなんとしても担ぎ出したいのは、党として比例票での得票に上積みしたいからだ。野党は昨年成立した安保法制に反対を表明した著名人をはじめ、人気女性アナウンサーや元キャスターに接触し、苦戦が予想される自民党は2人の美人タレントを出馬させようと説得工作に当たっている。

 民主党や、元民主党代表の小沢一郎氏(73)とともに「生活の党と山本太郎となかまたち」を率いる山本太郎共同代表(41)は、昨年ムーブメントを起こした反安保法制運動に共感を示した芸能人らを一本釣りしようと躍起になっているという。

「集会に顔を見せたり、仕事の都合でデモに参加できず、ツイッターなどのSNSを使って反対を訴えた芸能人らです。石田純一やSHELLY、元ミス・ユニバースの知花くららなどなど。大物では坂本龍一らがターゲットです。思想としてはみな、反自民ですから、出馬するなら野党しかない」(永田町関係者)

 すでに各党が接触していると具体的に報じられた著名人もいる。

「民主党はTBSで報道番組キャスターを務めていた杉尾秀哉さんを長野選挙区、比例に日本テレビの人気局アナだった西尾由佳理さん、NHKの局アナだった堀潤さんを出馬させるべく、説得を続けている」(野党関係者)

 維新の党と日本を元気にする会は参院での統一会派を7日に結成するなど参院選に向けた動きを活発化。そんな野党陣営の“争奪戦”を横目に、安倍首相率いる自民党も水面下で動き出している。

「自民党が、いの一番に狙っているのは東大卒の菊川怜だ。学歴はもちろん知名度も、見た目も申し分ありません。まさに自民党の顔になる」(選挙ウオッチャー)

 菊川にとっては政界進出の条件がすでにそろっているとの声もある。

「現在出演中のフジテレビ『とくダネ!』の司会を3月末で降板することが内定している。3年8か月で卒業するんです。理由は、メーン司会の小倉智昭の横では司会といっても限界があると判断したこと。不振のフジで唯一、高視聴率を取り続けているこの番組は、日テレやテレ朝に対抗できるので、フジ上層部も小倉の言うがままで、菊川は不満を抱えていた」(事情通)

 自民党が狙う著名人は他にもいる。

「自民党主宰の『一億総活躍国民会議』の民間議員となった菊池桃子だ。長女に障害があることを最近公表し、話題にもなった。民間議員として障害者の雇用対策を提言しています。元アイドルで今は戸板女子短期大学の客員教授の肩書もある。自民党比例の目玉候補として菅義偉官房長官自らオファーしています」(関係者)

 さらに、自民党が“ダメもと”で打診しているといわれるのが、昨年末の皇后杯優勝で有終の美を飾った国民栄誉賞の元サッカー女子日本代表・澤穂希さん(37)と、一昨年の2020年東京五輪招致プレゼンテーションでの「お・も・て・な・し」で一躍時の人となった滝川クリステル(38)だ。

「澤さんは現役引退したばかりで、本人は政界入りに消極的。サッカー界の至宝ですから、指導者としてさらに実績を残した後に政界転身でも遅くない。滝川の方はこの2年間でCM出演などがピークを過ぎて、本人や周囲がどう考えるか。滝川本人は招致活動を通じて意外に政治家はおもしろいと思ったようで、新たなレギュラー番組の話がなければ、サプライズ出馬となる可能性もありますよ」(事情通)

 安倍首相は否定しているが、参院選直前に衆院解散を打って衆参ダブル選を行うとの観測は消えない。本格化する著名人争奪戦に勝つのはどの党か。

関連タグ: