【キネマ旬報】日本映画1位「恋人たち」 新人女優賞は広瀬すず

2016年01月07日 13時49分

広瀬は映画賞を総なめだ

 映画専門誌「第89回キネマ旬報」の2015年ベスト・テンが7日、発表になった。

 

 1位は日本映画が橋口亮輔監督の「恋人たち」で、同監督は監督賞、脚本賞も受賞した。

 

 外国映画は「マッドマックス 怒りのデス・ロード」、文化映画は「沖縄 うりずんの雨」が受賞。

 

 

 

 2位以下は次の通り。

 

 

 

【日本映画】

 

(2)野火

 

(3)ハッピーアワー

 

(4)海街diary

 

(5)岸辺の旅

 

(6)GONIN サーガ

 

(7)この国の空

 

(8)ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判

 

(9)母と暮せば

 

(10)きみはいい子

 

(10)ローリング(同点)

 

 

 

【外国映画】

 

(2)アメリカン・スナイパー

 

(3)アンジェリカの微笑み

 

(4)バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

 

(5)黒衣の刺客

 

(6)神々のたそがれ

 

(7)セッション

 

(8)雪の轍

 

(9)インヒアレント・ヴァイス

 

(10)おみおくりの作法

 

 

 

【個人賞】

 

日本映画監督賞 橋口亮輔「恋人たち」

 

 

 

日本映画脚本賞 橋口亮輔「恋人たち」

 

 

 

主演女優賞 深津絵里「岸辺の旅」「寄生獣 完結編」

 

 

 

主演男優賞 二宮和也「母と暮せば」

 

 

 

助演女優賞 黒木華「母と暮せば」「幕が上がる」「ソロモンの偽証 前篇・事件/ 後篇・裁判」

 

 

 

助演男優賞 本木雅弘「日本のいちばん長い日」「天空の蜂」

 

 

 

新人女優賞 広瀬すず「海街diary」

 

 

 

新人男優賞 篠原篤「恋人たち」

 

 

 

外国映画監督賞 ジョージ・ミラー「マッドマックス 怒りのデス・ロード」

 

 表彰式は2月13日、都内で行われる。