橋本環奈に続け 鹿児島で澤穂希似のアイドル発見!

2016年01月06日 20時01分

“ご当地アイドル界の澤”と呼ばれる蛯原

 昨年限りで現役を引退した元サッカー女子日本代表MF澤穂希(37)似の少女が、アイドル活動をしているとの情報を東スポWebはキャッチした。

 

 少女の名前は蛯原美音愛(えびはらみねあ=12)。鹿児島で活動するご当地アイドルグループ「MINGO!×MINGO!」の研究生だ。「大好きなアイドルになって歌を歌いたい」と昨年6月13日に加入し、現在は鹿児島にあるグループの専用劇場でライブを重ね、〝一軍〟である正規メンバー入りを目指している。

 

 ご当地アイドルファンの中で澤に似ていると評判の蛯原だが、野性味を感じさせる顔立ち、つぶらな瞳は確かに女子サッカー界のレジェンドをほうふつとさせる。

 

 澤と比べられることに蛯原は「自分では似ているとは思わないですが、サッカーをやっているからか、たまに似ていると言われます。あんなにすごい人に似ていると言われ、うれしいです」。澤の引退に寂しさを覚えつつも「澤さんからは頑張る心や、負けない気持ちを学んだ」と語った。

 

 サッカーの実力も相当なもの。小学1年生から始め、リフティングの最高記録は1705回。「来年は2000回、いきたいなと思ってます。アイドルさんでリフティング1700回できる人はいないと思うので、記録を抜かされないように頑張りたいです」と、女子代表で歴代ゴール数トップの澤のように、偉大な記録を作れるよう努力を欠かさない。

 

 グループのライブではメンバーが歌い踊る中、一人、曲が終わるまでリフティングを続ける異色のパフォーマンスで存在感を放っている。

 

 将来のなでしこジャパン入りも期待したいところだが「中学生になったらサッカーを辞めて、アイドル中心にしようと思っています」と夢は代表入りではなくトップアイドル入り。「鹿児島は日本の端っこなので、活動するのは大変ですが、10年くらいは続けて、鹿児島にもっとたくさんの人に来てもらい『MINGO!×MINGO!』を見に来てもらいたいです」

 

 同じ九州から全国区となった“1000年に一度の美少女”橋本環奈(16)のように鹿児島からアイドル界の頂点を目指す。