テレ東・大橋アナの再婚相手は10歳下のエース候補ディレクター

2016年01月07日 06時00分

大橋未歩アナ

 テレビ東京の大橋未歩アナウンサー(37)の再婚で、相手に選ばれた何とも羨ましい同僚社員の“素顔”が明らかになった。10歳ほど年下の“年齢差婚”だというから驚きだ。

 大橋アナは2007年に結婚した現在日本ハム・城石憲之一軍打撃コーチ(42)と昨年離婚していたこと、さらにテレ東の年下同僚社員と再婚していたことが発覚。5日、メーンキャスターを務める朝の情報番組「チャージ730!」で事実上、離婚&再婚を認めた。

 さらに自身のツイッターで「夫婦のことは夫婦にしか分からない、結婚してみて初めて分かったことであり、自分は本当に未熟者だと痛感しています。新たなスタートですが、今後も今まで通り、懸命に生きて参りますので、テレ東ともども応援宜しくお願い致します」とつぶやいた。

 城石コーチと結婚してからも人気アナの座をキープし続けた大橋アナのハートを射止めたのはどんな男性なのか?

「まだ入社5年目くらいの20代で、大橋アナより10歳ほど年下です。現在はゴールデンタイムのバラエティー番組で、ディレクターをしています。入社当初から有能という評価で、次代のテレ東を担うエース候補ディレクターとして期待されています」と制作会社幹部。

 前夫の城石コーチは現役時代から甘いマスクで女性ファンの熱い視線を一身に集めていた。そのため大橋アナも“面食い”と言われていたが…。「新しい夫はイケメンではないですね。ルックスはいたって普通の“フツメン”です。城石さんとは全然違ったタイプ。チャラチャラした感じもなくて、仕事熱心と聞いています。そういうところに大橋アナもほれたのでは」と前出関係者。

 離婚&再婚を経験したことで、キャスターとして幅が広がるか。