“浪速のエリカ様”上西議員結婚へ!お相手は羽賀研二似の会社経営者

2016年01月07日 05時00分

4日の通常国会招集日に着物姿で登院した上西氏は笑顔いっぱいだった

 新年早々おめでたい話が飛び込んできた。“浪速のエリカ様”でおなじみ、上西小百合衆院議員(32)が交際中の男性と結婚準備を進めていることが本紙の取材で判明した。上西氏といえば、昨年3月に国会を休み“恫喝秘書”こと家城大心氏(50)と不倫旅行に行っていたと報じられたが、まさかお相手はその家城氏なのか? 周辺を取材すると、見えてきたのは上西氏のピュアな素顔。世間のバッシングを耐え忍び、マスコミに知られることなく、上西氏は意外な男性とひっそり愛を育んでいた――。

 通常国会召集の4日に着物姿で登院した上西氏には“異変”が起きていた。

「この年末年始で10キロ近く太ってしまったようなんです。暴飲暴食? いえいえ、きっと幸せ太りですよ」

 そう笑うのは上西氏を知る関係者。確かに上西氏は無類の酒好きで知られ「朝までコースは当たり前」「酔った時のカラオケ十八番は久保田早紀の『異邦人』」。激太りする下地は十分なのだが、今回ばかりは事情が違うようだ。

「実は彼女には結婚前提でお付き合いしている男性がいるんです」(同)

 そう聞いて真っ先に思い浮かぶのは、秘書の家城氏。同氏は昨年3月の国会欠席騒動の際、上西氏の乗る車に近づいた関西のテレビ局クルー相手に「人の車当てたらどうするんや、ゴラァ~」と巻き舌で“恫喝”。身をていして上西氏を守った。

 その親密さは上西氏が国会を休んで旅行に出掛けたと報じられた時も、一緒に寝泊まりし“ただならぬ関係”が噂されたほど。だが、前出の関係者は「旅行は家城氏が当時付き合っていた女性と出掛けたもので、上西氏ではありません。意図的にガセ情報をリークされました」と断言する。家城氏は当時すでに離婚していた。その家城氏が「ない」となると、お相手は一体誰なのか?

 本紙の取材によれば、上西氏の交際相手は政界とは無関係の会社経営者のAさん。年齢は50歳前後で、外見は「報道ステーション」(テレビ朝日系)などに出演する経営コンサルタントのショーン・マクアードル川上氏(47)、もしくは羽賀研二(54)に似ているという。知り合ったのは、国会欠席騒動の前後で、昨年夏に交際に発展した。

「年齢はひと回り以上離れていますが、若々しい。性格も紳士的で、彼女の酒が切れる前にそっと次の酒を差し出すような人。彼女も『気持ちが癒やされる』とノロけています」とは別の関係者。

 上西氏の意外な素顔も明らかになった。酒にまつわる豪快エピソードの数々から「オッサン」とやゆされ、メディア出演や、昨年8月に発売したセクシーフォト自叙伝「小百合」は売名扱い。シャネル風衣装やメーク術、ネイルアートにこだわるなど“イマドキ女子”を目指しているイメージが強いが、実は恋愛観はピュアな乙女そのものなのだという。

「彼女の中では交際=結婚。一生を共にする覚悟で付き合うから、これまでの男性人数は驚くほど少ない。その分、いちずに尽くすタイプで、浮気なんてもってのほか。Aさんとは年内に良い報告ができるよう準備を進めているそうです」(同)

 昨年8月、女性誌では上西氏の過去の挙式歴が報じられた。当時付き合っていた研修医の男性と2008年に大阪市内のホテルで挙式したものの、1か月余りで破談したという内容だったが、冒頭の関係者いわく「入籍はしていません。破談理由も極めてプライベートな問題が発覚したためです」。決して金目当てでも遊び半分でもないという。

 Aさんとの交際&結婚について、上西氏は本紙の取材に「通常国会が始まっておりますので、プライベートなことについてはお答えできません」とコメント。子供好きでもあるだけに、急激な体重増は妊娠も予感させたが「全くしておりません」とのことだった。

 昨年は何かとお騒がせだったが、今年は公私ともに充実した1年になるのか。