大橋未歩アナ 離婚についてコメント「自分は本当に未熟者だと痛感」

2016年01月05日 16時11分

離婚についての心境を明かした大橋アナ

 日本ハム・城石憲之一軍打撃コーチ(42)との離婚と、テレビ東京の同僚年下社員との再婚が発覚した大橋未歩アナウンサー(37)が5日、自身のツイッターでも離婚についてコメントした。


 大橋アナはこの日、司会を務める情報番組「チャージ730!」の中で複数スポーツ紙で報じられた「昨年春に城石氏と離婚&年下社員と再婚」について「家庭も仕事もますます精進して参りたいと思いますので、みなさん『チャージ』をよろしくお願いします。許してください、これぐらいで。私事ですいません」と笑顔で認めていた。


 番組放送後には、ツイッター上に寄せられたフォロワーの言葉に返答し、離婚について「夫婦のことは夫婦にしか分からない、結婚してみて初めて分かったことであり、自分は本当に未熟者だと痛感しています」と番組では語らなかった心境を明かす。


 また再婚に関しては「新たなスタートですが、今後も今まで通り、懸命に生きて参りますので、テレ東ともども応援宜しくお願い致します」とコメントしている。