【紅白】波瑠ら「あさが来た」主要キャスト&NMB共演

2015年12月31日 22時04分

「第66回NHK紅白歌合戦」(31日、東京・渋谷区のNHKホール)後半戦スタート時に、連続テレビ小説「あさが来た」の紅白特別編が放送された。

 まずは「加野屋の大みそか」と題したスペシャルドラマが流れ、大阪の加野屋に主要キャストが集結。2015年に最もお世話になった人たちをそれぞれ挙げ、年の瀬のあいさつをしようと東京へ向かう…という物語が放送された。

 その後、主人公のヒロイン・あさを演じる波瑠(24)、夫の新次郎役の玉木宏(35)らが登場。「あさが来た」直後の情報番組「あさイチ」の司会も務めるV6の井ノ原快彦(39)と有働由美子アナ(46)に、波瑠は「毎朝(番組を)見てくださって、ありがとうございます」と感謝した。

 有働アナは「あさイチ」でドラマの衝撃展開に驚き、つけまつげが取れるハプニングを起こした。女中のうめ役の友近(42)が「まつげを押さえながら来ました」と言うと、「その節はほんとすみませんでした」と頭を下げた。

 その後、人気アイドルグループ・NMB48が「あさが来た」の主題歌「365日の紙飛行機」で後半戦のトップバッターを務め、メンバーの山本彩(22)はギター演奏を披露。司会エリアにいた波瑠ら主要キャストが曲の終盤にステージでNMB48と“共演”。波瑠らは山本を見ながら、笑顔で振り付けもした。