赤江珠緒アナが大暴走 大竹まことと下ネタ合戦

2015年12月07日 18時15分

赤江アナ(右)と東島衣里アナにセクハラ発言連発の大竹

 フリーアナウンサーの赤江珠緒(40)らが7日、東京・墨田区の東京スカイツリー天望デッキで行われたラジオ特番「FMでもキキマス!ゴールデンたまむすび」の公開生放送でパーソナリティーを務めた。

 

 TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送のAMラジオ3局がこの日からそれぞれFMでも聴けるようになる「ワイドFM」をスタート。ラジオ界の画期的な取り組みを記念して、ライバル同士の3局が同時に特番を生放送した。

 

 地上350メートルの“スタジオ”では下ネタが飛び交った。タレントの大竹まこと(66)は、お笑いコンビ「ダイノジ」大谷ノブ彦(43)が着ていたダサめの紫色ジャケットを着用するよう勧められると下ネタを放って拒否。その後も大竹が「タ○キ○!」と悪ノリし、文化放送の太田英明アナ(52)が「大竹さんが『ワイドFM』でタ○キ○と初めて言った方」と言うと、感化された赤江は「セカンドタ○キ○とは私だ!」とまさかの下ネタを炸裂させた。

 

 大竹はますます興奮し「赤江珠緒は不感症!」と絶叫。さらに、ホワイトの清楚系ニットを着ていたニッポン放送の東島衣里アナ(24)にも「ブラジャー着けているの?」と“セクハラ”した。

 

 テレビより自由度の高いラジオとはいえ、大竹だけでなく、赤江アナも大暴走だった。