三船美佳「父にダース・ベイダーのオファー」秘話明かす

2015年12月04日 15時03分

父・三船敏郎の秘話を明かした三船美佳

 タレントの三船美佳(33)が4日、都内で行われた日本初となるアメリカ型のコミコンイベント「Tokyo Comic Con(東京コミコン)」(2016年12月4~5日、千葉・幕張メッセ)の発表会に登場した。


 東京コミコンはコミック、SF、アニメなどさまざまなポップカルチャーに最先端テクノロジーを合わせた祭典で、発起人はアップル共同創業者の一人であるスティーブ・ウォズニアック氏(65)。


 実はSFファンという三船は人気コスプレイヤー・御伽ねこむ(19)とともに登壇。スペシャルゲストとして映画「スター・ウォーズ」で銀河帝国皇帝パルパティーンを演じたイアン・マクダーミド(71)、ダース・モールを演じたレイ・パーク(41)が登場すると興奮した表情を見せた。


 父・三船敏郎が出演した映画「隠し砦の三悪人」が「スター・ウォーズ」に影響を与えたことは知られているが、三船は「うちの父も『スター・ウォーズ』のオファーをいただいたんですよ、オビ=ワン・ケノービの。でも父は侍魂が強くて、当時のSF技術は子供向けの技術という時代だったし、武士道をコミカルに描くのはどうかと出演を悩んだ。すると(ジョージ)ルーカスさんから『では顔を隠してはどうだろう』とダース・ベイダー役もオファーされたと聞いています」というエピソードを披露し、司会者を驚かせた。


 家族といえば、三船は歌手の高橋ジョージ(57)と離婚および1人娘の親権をめぐって現在係争中だ。


 騒がしかった今年について問われると「『スター・ウォーズ』の新作が年末にあるサプライズもあったので素晴らしい1年。来年は宇宙に羽ばたきたい。『スター・ウォーズ』のエナジーを吸収して、平和な世界になってほしい」と同じジョージでもルーカスが生んだSF作品のことで頭はいっぱいの様子。会見後には「年内に離婚が成立か?」との質問が飛ぶも「ありがとうございました」と笑顔で会場を後にした。