中山美穂 テレビで18年ぶり歌声「生きた心地しなかった」

2015年12月03日 10時48分

ナマ歌声を披露した中山

 歌手で女優の中山美穂(45)が2日、フジテレビ系「2015FNS歌謡祭」に生出演して、テレビで約18年ぶりの歌声を披露し「もっとトレーニングしよう」とコメントした。

 

 さすがに緊張した面持ちの中山だったが、現役時代と変わらぬ美声を披露。時おり、震えもしたが、ヒット曲「世界中の誰よりきっと」(1992)、「ただ泣きたくなるの」(94)の2曲をスペシャルメドレーで、大人の魅力いっぱいに歌い上げた。

 

 肩と胸元を露出した黒を基調のロングドレスを着こなした中山は、この日深夜に自身のツイッターを更新して「生きた心地がしなかった!笑 これからもっとトレーニングしようと思う。皆様ありがとうね これから華原朋美ちゃん! さっき話したよ。頑張れ~!」(原文まま)と率直な感想を伝えた。

 

 ファンからツイッターに「すっごく綺麗で歌声も変わっていないし上手でした!」「本当に素敵でした」などエールが届いている。

 

「恋人」と報道された音楽家・渋谷慶一郎氏もフランスから帰国しており、中山の晴れ姿をオンタイムで見たかもしれない。