ドクター・中松「体は予定通り、あとひと月で死ぬ」と宣言

2015年11月30日 22時10分

ドクター・中松氏

 30日、都内のドクター・中松ハウスで「ドローンテープ」の発明発表会見を行ったドクター・中松氏(87)は現在、前立腺導管がんで闘病中。「五本の指に入る医者から2年前、2年後に死ぬと言われた」といい、今年末までの余命宣告を受けている。9月に〝歌手デビュー〟した中松氏は、先日開いた会見で「紅白に出場して、歌った後に死ぬ」と宣言したばかりだ。

「体は予定通り、あとひと月で死ぬ。食べたあと卒倒する、寝られない、呼吸困難などの症状がある。このがんは私が教えているハーバード大にも治療法がないので、私が発明した10の治療法で治している」と近況を明かすと、「死に場所は紅白が一番いい。これまで歌って死んだ人はいないから。NHKが採用するか分からないけど、紅白としての歴史になる。視聴率が上がるんじゃないか」とまくし立てた。

 その上で、死の9日前にあたる12月24日に外国特派員クラブで「革命的発明」を発表すると宣言。外科手術、化学療法、放射線治療を選択せず、中松氏はがんを治す食事を発明し、10キロも体重を増やしたという。

「絶対に治療法がないこのがんにかかったことを天に感謝する。すぐ治るようながんなら並の人間ということ。私が生命をかけた発明をするチャンスを与えられた。12月末に結論が出る。無事に1月を迎えたら、がんの治療法を確立したということで、1月16日に米国で壮大な歓迎会をやってくれる」

 医師の余命宣告より長く生きれば、病を克服したという考えのようだ。

「がん患者は失望で狂ってしまっている。ダンスを踊れるくらいの心の余裕がないといけない」と社交ダンスを披露した中松氏は、顔色は冴えないものの元気そのもの。

「この衣装は今年のドルチェの最新作。ニューヨークで作ってきたトップファッション。値段は100万の何倍か。おそらく日本人では私だけが持っている。せっかくお見せしたのに質問がないのはどういうことか」と報道陣にかみついてみせるなど、とても余命1か月には見えなかった。