水木さん役を演じた向井理「二人にお会いできたのは私の財産」

2015年11月30日 18時57分

向井理

 漫画家・水木しげるさんの訃報を受け、2010年にNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」で水木さん役を演じた俳優の向井理(33)が追悼のコメントを寄せた。

 全文は以下のとおり

「私はNHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』という作品を通じて、水木しげるさんの半生を演じ、また御本人に何度かお会いする機会をいただきました。

初めてお会いしたのは撮影の数日前、その時に掛けていただいた言葉や表情は、今でも鮮明に覚えています。その作品の中では、私はしげるさんの背中を追いかけるのが精一杯でしたが、多くのものを感じ、影響を受けました。

もうあの時のようにお会いすることができないという現実を受け止めるには時間がかかりそうですが、どこかで見守っていただければ嬉しい限りです。

そして『女房』である布枝さんにもお会いできたのは私の財産です。お二人の醸し出す雰囲気が大好きでした。憧れでした。

いまはただ、大好きなしげるさんの御冥福をお祈り致します。そして布枝さんはじめご家族の皆様のことを想ってます」

関連タグ: