女子アナランキングに異変!?注目はNHK桑子真帆アナ

2015年11月14日 16時00分

テレ朝の「朝の顔」になった宇賀なつみアナ
テレ朝の「朝の顔」になった宇賀なつみアナ

 毎年12月初めに発表される「好きな女性アナウンサー」ランキング(オリコンスタイル調べ)。今年はどんな顔ぶれになるだろうか。

 加藤綾子アナ(30=フジテレビ)の来春“昼の顔”への配置換え、内定取り消し騒動を乗り越え入社した笹崎里菜アナ(23=日本テレビ)、キー局名物番組キャスターのベッド写真流出など、今年も話題に事欠かなかった女子アナ界。人気ランクを先取り予想してみる。

 昨年発表された「第11回好きな女性アナウンサー」ランキングトップ10は、順に2連覇を果たした水ト麻美(28=日テレ)、加藤綾子、有働由美子(46=NHK)、大江麻理子(37=テレビ東京)、生野陽子(31=フジ)、狩野恵里(29=テレビ東京)、竹内由恵(29=テレビ朝日)、井上あさひ(34=NHK)、枡田絵理奈(29=元TBS)、夏目三久(31=フリー)、山崎夕貴(28=フジ)。

 水トアナの3連覇なるかが注目されるが、8位だった枡田アナが昨年11月にプロ野球広島カープの堂林翔太選手と結婚、今年6月に退社したり、同率8位だった井上アナが今年4月、京都放送局へ異動になるなど変化があった。その抜けた穴に誰がランクインするのか、また誰が10位圏外へ落ちるのかも話題になりそうだ。

 ベスト10に入ってきそうな新顔の人気急上昇アナを思いきって予想してみると…。

 まずはNHKの桑子真帆アナ(28)。「ブラタモリ」でタモリの相棒役を務め、おじけづくことなくツッコミを入れる才能から、タモリも絶賛。「同時に最も視聴率の高いニュース番組『ニュース7』にも今春から登場し、NHKのエースとして売り出し中。美人すぎない庶民派で、ブラタモリと合わせ、硬軟自在のアナとして老若男女からの支持を集めそう。京都に異動した井上アナがトップ10から出るのと入れ替わりに桑子アナが入ってくるのでは」とテレビ関係者は語る。

 テレビ朝日の宇賀なつみアナ(29)は昨年春に朝の番組へ異動後、すっかり朝の顔となり、10月からも「羽鳥慎一モーニングショー」で笑顔を見せている。同局関係者は「竹内由恵が一般的には人気ですが、スタッフ受けは宇賀の方がいい。朝に定着したこともあるので人気もそろそろ上がるのでは」と話す。

 視聴率低迷で元気がないフジテレビでは永島優美アナ(23)が急上昇している。当初は同局のニュースでスポーツキャスターを務める父・昭浩氏(元サッカー日本代表)のコネ入社ともささやかれたが、今や「数字を持っていると言われ、派手な顔と美脚、笑顔もいいと評判ですから、加藤・生野に次ぐ人気。三田友梨佳、宮澤智はプロ野球選手との熱愛が報じられたこともあり、人気は伸びないでしょう」(フジ関係者)

 最後はテレビ東京の鷲見玲奈アナ(25)だ。土曜日放送の「ウイニング競馬」ではメガネにノースリーブ衣装で巨乳が話題だ。「キャスターテーブルにFカップ乳が乗っているようなサービスカットが番組のウリにもなっていて、バラエティー番組では恥じらいを醸し出していい、と男性視聴者から好評。狩野恵里くらいすぐに追い抜くでしょう」とテレ東関係者も太鼓判を押す。

 さてこの4人から何人がトップ10入りするか、はたまた想定外の新顔がランクインするのか、楽しみだ。