ももち完全復活「カントリー・ガールズ」1周年記念ライブに“乱入”

2015年11月05日 21時00分

「カントリー・ガールズ」の(左から)森戸知沙希、稲葉愛香、嗣永桃子、山木梨沙、小関舞

 ハロプロのアイドルグループ「カントリー・ガールズ」(プレーイングマネジャー・嗣永桃子=23、山木梨沙=18、稲場愛香=17、森戸知沙希=15、小関舞=13)が5日、東京・新宿区の新宿ReNYで「結成1周年記念イベント&嗣永桃子復活祭」を開催した。
 
 声帯ポリープの治療のため、先月初めから活動を休止していた“ももち”嗣永がグループ結成1周年の記念日に復活した。ライブ途中に“乱入”し「嗣永桃子、完全復活いたしましたー!」。その後は声帯ポリープの影響を感じさせない歌声を披露した。
 
 さらにサプライズがあった。新メンバーとして、ハロプロ研修生の船木結(13=大阪府出身)と梁川奈々美(13=神奈川県出身)の2人がグループに加入することが発表されたのだ。
 
 ステージに呼ばれた梁川は「ももち先輩のように幅広い世代に知ってもらえるように頑張ります!」と宣言。船木は「これからは『カントリー・ガールズの船木です!』と言えるのがうれしい!」と笑顔を見せた。嗣永も「2人を育てなきゃいけないので、まだまだ、グループにいられる理由ができてよかった」と安堵の表情を見せた。
 
 グループのスーパーバイザーを務める里田まい(31)も「世界に通用するグループに成長するため、さらなるパワーアップのためにどうするかを、ももちと事務所の方々と何度かやりとりする中で案が上がりました。新メンバーの2人、フレッシュさと元気さで新しい風を吹き込んでください! これからも7人の事、見守り続けていきます!」(抜粋)と所属事務所を通じてコメント。嗣永の活動休止で失速危機もささやかれた「カントリー・ガールズ」だが、完全に勢いを取り戻したようだ。