内野聖陽 トルコロケ満喫の忽那汐里に恨み節

2015年10月29日 20時33分

映画の会見に出席した忽那汐里(左)と内野聖陽

 俳優の内野聖陽(47)が29日、大阪市内で行われた映画「海難1890」(12月5日公開)の会見に女優の忽那汐里(22)、田中光敏監督(57)とともに出席した。
 
 同作は1890年に和歌山県の現・串本町沖で起きたエルトゥールル号海難事故と1985年のイランのテヘラン邦人救出劇という日本とトルコとの125年の友好関係を築いた実話を映画化したもの。
 
 忽那はエルトゥールル号編とテヘラン邦人救出編に生まれ変わりをして出演するが、内野はエルトゥールル号編のみの出演となった。
 
 トルコでも撮影が行われたが、内野は出演シーンがなく参加できなかった。そのため「トルコの小学校5年生の教科書にエルトゥールル号の事故が載っていて国民のほとんどの方が知っている。日本人というだけで心を開いてくれるトルコの国民性をもっと知りたくなった」と言うが、「僕はトルコに行けなかった。どうしてケナン(エジェ)くんと忽那さんだけ生まれ変わって2役やっているのに僕だけ生まれ変われなかったんだろう…」と田中監督にぼやきまくった。
 
 その一方で忽那はトルコを満喫したという。田中監督にオフは趣味のレコード収集をしていたことをバラされ「東京ではすごい高いので30~40枚買ってしまった。持って帰るのに大変でした」と忽那は振り返り、「内野さん、すみません」と笑顔まじりに謝罪。
 
 内野は「去年の12月あたりから世界情勢が一変して、当時の僕はトルコで撮影ができるのかやきもき日本で待っていたのに、やっていたことはレコード探しですか?」と忽那に恨み節を語っていた。
 
 また、その後、大阪市内の劇場で舞台あいさつも行われ、内野は「本当の主役はわれわれ日本人のご先祖にいた、名もない漁師の方。自分たちの食料もないときに、それを差し出したりして異国の人に手を差し伸べた真心のお話です」と見どころを語った。