藤原紀香 白のスケスケドレス姿で「クモの生殖行為」語る

2015年10月29日 20時32分

白のドレスで舞台あいさつに登場した女優の藤原紀香

 歌舞伎役者の片岡愛之助(43)と結婚目前とされる女優の藤原紀香(44)が29日、都内で行われたドキュメンタリー番組「イザベラ・ロッセリーニのグリーン・ポルノ」の舞台あいさつに登場した。
 
 イタリア人女優で映画監督のイザベラ・ロッセリーニさんが、動物や昆虫の繁殖行為をユニークに演じた番組。紀香は吹き替えを担当した。
 
 会見では、スタッフが〝番組に関係のない質問はNG〟と通達してスタート。白のスケスケドレス姿の紀香は「クモはメスのほうが大きい。オスが(メスに)近づくと、メスはハエだと思ってオスは食べられちゃう。オスは命がけでメスに近寄って生殖行為して、すぐ逃げちゃう。とても勉強になった」と関係者がギロリと目を光らせる中、しみじみと話す。
 
 会見終了間際、動物や昆虫の動きが歌舞伎に似ていないか?と聞かれ、会見は半ば強制終了。紀香は「番組のことをよろしくお願いします」と頭をペコリと下げて「さようなら」と苦笑いしながら去っていった。
 
 同作品は、11月7日午後1時からWOWOWプライムで放送される。