こじるりに気迫負け? スキマスイッチが高校ラグビー決勝観戦“約束”

2015年10月09日 21時09分

左から小島瑠璃子、「スキマスイッチ」の大橋卓弥と常田真太郎、大畑大介氏
左から小島瑠璃子、「スキマスイッチ」の大橋卓弥と常田真太郎、大畑大介氏

 人気デュオ「スキマスイッチ」が9日、大阪・毎日放送の情報番組「ちちんぷいぷい」に出演し、同局が今冬に中継する「第59回 全国高校ラグビー大会」のテーマソング「ハナツ」を初披露。番組終了後に取材に応じた。

 

 2人にはラグビー経験がないものの、夏に高校生たちの合宿を見学して大ハマリしたという。常田真太郎(37)は「僕みたいなニワカにも全員がすごく優しかった」と振り返る。

 

 また、高校生の背中を押すような応援ソングに仕上がった「ハナツ」について、大橋卓弥(37)は「歌詞にする作業が大変だった。言いたいことが、いっぱいあって。僕たち的には気に入っている」と語った。

 

 取材には、元ラグビー日本代表の大畑大介氏(39)、3年連続で高校ラグビーのハイライト番組のキャスターを務めるタレントの小島瑠璃子(21)も参加した。「ハナツ」が収録されているシングル「LINE」の発売日11月11日が誕生日の大畑は「ある意味、僕のテーマソング。忘れられない40歳になる」とニヤリと笑った。

 

 一方、小島はスキマスイッチに、決勝戦が行われる1月11日に聖地・花園への来場を要請。「ムリにとは言いませんが」と言いながら、にじり寄る小島の迫力に押された2人は「機会があれば行きたいですね」と前向きに語った。

 

 現在、イングランドで開催中のラグビーW杯では、日本代表が史上初の同一大会2勝で、スコットランドの結果次第では決勝トーナメント進出の可能性を残す。大畑は「(決勝Tに)行ってほしいですね。ラグビーの聖地トゥイッケナム・スタジアムで日本代表の試合を見たい」と夢舞台に期待した。小島は「サモア頑張れ~」とスコットランドの対戦相手にエールを送り、大畑も「とにかく日本からサモアを応援します」と念を送った。

 

ピックアップ