でんぱ組・最上もが心不全を告白「疲れなくて息苦しくない体が欲しい」

2015年09月29日 18時17分

心不全を告白した「でんぱ組.inc」の最上もが

 アイドルグループ「でんぱ組.inc」の最上もが(年齢非公表)が29日、インスタグラムで心不全であることを明かした。


 でんぱ組は26、27日に山梨・河口湖ステラシアターでワールドツアーのファイナル公演を開催。最上はこの公演を振り返る中「歌うの すきで、みんなの前でパフォーマンスをするのも すきなんだけれど、苦しいのは呼吸なんだ。〝休む〟以外の方法で、心不全てどうやったら治るのだ」(原文まま)と心不全であると告白し「疲れなくて息苦しくない体が欲しい」と願った。


「心不全」は病名ではなく、心臓の機能が低下して、体に十分な血液を送り出せなくなった状態を指す。代表的な自覚症状は、動悸や息切れ、呼吸困難がある。


 ライブを行うには当然支障はあり、前日の28日にもインスタグラムで「河口湖2daysもね、楽しかったかといわれたら、苦しかった方が圧倒的でね」と体力的につらかったと振り返っている。


 最上はこれまでもイベントや公演を体調不良を理由に何度も休んでおり、そのたびにファンからの心配の声が寄せられていた。今回の告白後「無理はしないでください」「自分の身体を一番に考えて」などファンからの応援メッセージが寄せられている。