川島なお美さん「お笑いマンガ道場」封印の真相

2015年09月26日 10時00分

主演映画「鍵」のポスターと川島さん

 胆管がんのため24日に54年の生涯を終えた女優の川島なお美さんは、女子大生タレントの先駆けとして時代を象徴した人だった。歌に演技にトークなど多彩な能力を発揮したが、そんなマルチタレントにかつて“消された過去”がささやかれた時期もあったという。

 自分で道を切り開いてきた川島さん。青山学院大学在学中に歌手デビュー後にラジオDJを経て、1982年から人気バラエティー番組「お笑いマンガ道場」(日本テレビ系)にレギュラー出演。軽妙なやりとりと絵の面白さで人気を博した。だが、本人に一介のタレントで終わるつもりはなく、その時点で女優の道を模索していた。

 そのため、過去の経歴から同番組は抹消され、インタビュー取材で出演について聞くこともNGというウワサが広まったこともあった。

「たしかに、ナーバスになった時期もあったようですが、最近では『あの番組がなければいまの自分はない』と言い切っていました。周囲が気を使いすぎていたのかもしれません」(出版関係者)

 演技者としての出世作は97年放送の連続ドラマ「失楽園」(同)。当時を知る関係者は「原作者の渡辺淳一さんのご指名で主演に抜てきされました。彼女は役作りにストイックなことで知られ、台本はボロボロになるまで読み尽くし、私生活でも不倫にハマるヒロイン・凛子そのものになっていました」と振り返る。

 お相手の古谷一行(71)とは前張りなしの濃厚な濡れ場を演じた。

「前張りなしどころか、古谷さんのナニが完全に入っていたそうです。本人も当時を振り返り『入ってたよね~』と笑っていましたから。それほど役にのめり込んでいたのでしょう」(同)

 NGワードがあるとすれば、それは「お笑いマンガ道場」ではなく「タレント」という呼称だ。前出の出版関係者の話。

「タレント・川島なお美と呼ばれるのを嫌がっていた。あくまで自分は女優という自負があった」

 大病を患ったあとも、常に“見られる”ことを意識する女優であり続けた。30キロ台前半とも言われた激ヤセ姿が衝撃を与えたのは今月7日のイベント出演時だが、一部ではそれ以前から痩身ぶりが指摘されていた。だが心配の声が上がっても、本人は泰然自若。夫や友人と外食する際も、変に着込むことはせず、胸元をあらわにしたワンピースを着て出掛けていたという。

 7月に目撃した女性は「たしかに痩せていましたが、本人は落ち込む様子もなく、いたって普通。笑顔で知人と会話していました」と証言する。

 親友の作家・林真理子氏(61)とは、リッチな男性にご飯をごちそうしてもらうことを目的とした「魔性の会」を結成。ただ、このところは「“川島なお美を励ます会”に変わっていた。林さんだけには本当の病状を知らせていたのかもしれません」(芸能プロ関係者)。ファンやメディアに対しては「川島なお美」を貫き通し、人生のステージを降りた。