「法の華三法行」福永法源氏の映画を制作 本人も出演

2015年09月18日 17時32分

右から福永法源氏、高橋伴明監督、島田陽子

  1億円超の巨額詐欺事件を起こした教祖が、まさかの映画化へ――。宗教団体「法の華三法行」(解散後、『天華の救済』に改名)の元代表で、詐欺罪の服役から昨年出所した福永法源氏(本名・輝義=70)を題材にした映画「塀の中の神様」(来年4月公開)が制作されることが18日、明らかになった。

 

 福永氏は代表時代、集会で「最高ですか!」と信者に飛ばす掛け声で知られた。2000年に詐欺容疑で逮捕され、05年に懲役12年の実刑判決を受けて服役した。

 

 この日、都内で開かれた映画制作発表会見に福永氏は、グレーのシャツ、パンツ姿で登場。久しぶりに公の場で「例の福永法源です」と落ち着いた表情であいさつした。

 

 そして「この話をいただいた時、驚いた。15年間監禁されていて刑務所にいた人間が、どうして映画の話になったのだろうとうかがった。『法の華』『天華の救済』のPR映画であればご免こうむります、と。(そうではなく)福永輝義がどんな人間なのか映画化したいと言われた」と明かした。

 

「この映画のきっかけは僕」と語り始めた同作の藤原慎二プロデューサー(69)によると、福永氏の経歴を調べていくうちに「波瀾万丈の人生と知った。映画の題材には持ってこいと思った」とし、今年7月1日に映画化が正式決定したという。

 

 映画はノンフィクションドラマとドキュメンタリーを合わせて構成。藤原プロデューサーは「福永さんはドラマのほうで2シーンに出演予定でセリフはない。ドキュメンタリーのほうで福永さんのインタビューを撮る」と説明する。

 

 一方、記者団から出所後の様子を聞かれた福永氏は「せっかくの質問ですが、映画の福永法源としてでお願いします」と映画以外の質問はシャットアウト。2シーンの撮影には「緊張の連続です」と話した。

 

 福永氏は現在「天華の救済」との関わりが指摘されているが、藤原プロデューサーは「ご本人は一切関知していないと考えている」と主張。同作のメガホンを取る高橋伴明監督(66)も「センセーショナルな事件だった。被害者に対してどう思うか、というのはあると思う」と批判も覚悟の上だ。「天華の救済」から同作への出資は一切なく、「映画ファンドのお金をいただいた」(藤原プロデューサー)という。

 

 ドラマには奥田瑛二(65)が刑事役、哀川翔(54)が弁護士役で出演。ドキュメンタリーには「法の華」被害者弁護団の副団長を務めたことで知られる紀藤正樹氏(54)も出演予定だという。

 

 すでに15日にクランクインしており、この日は福永氏も撮影に初参加した。10月8日にクランクアップ予定だが、前代未聞の問題作に批判が集まりそうだ。