清水圭が本田圭佑を批判 俊輔との衝突「美談になるとは」

2015年09月08日 12時34分

ブログで本田の姿勢を批判した清水圭
ブログで本田の姿勢を批判した清水圭

 タレントの清水圭(54)が自身のブログでサッカー日本代表MF本田圭佑(29)の姿勢を批判し、サッカーファンの間で話題となっている。


 事の発端は今月6日の朝刊スポーツ紙に掲載された、2009年の親善試合オランダ戦でのFKキッカーをめぐる本田と当時代表の絶対的存在だった中村俊輔(37)の衝突に関する記事だった。


 本田はこれまでこの衝突については口をつぐんできたが、記事によればW杯予選のためにイラン・テヘラン入りした5日の練習後に取材陣から6年前のこの衝突を聞かれると、自身よりも中村の方がFKはうまかったと敬意を示した上で「それでも、あの時は蹴りたかったから主張した」と衝突した理由を語ったという。


 この一見美談に取れるエピソードに「な~んか『エエ話』みたいになってるけど、実際はそんなキレイ事ではおまへん」と清水が6日更新のブログでかみついた。


 自身が蹴りたいという本田の自己主張には理解を示したが「でも、キッカーをあきらめきれない本田選手が中村選手に吐いた『ありえないセリフ』をワタシは知ってまんねん」と都合の悪い部分が省かれていると主張する。


 この本田の〝問題発言〟について清水は明かしてはいないが「ともに勝利を目指すチームメイトには、絶対言うべきではない『捨てゼリフ』」「蹴らせてもらえず悔しかったとしても、味方に対してはありえへん一言」「それは決して『主張』ではなく、味方が蹴るFKを外させるための『暴言』どす」と繰り返し非難。


「男やったらその言葉の反省も含めて、今回ちゃんと話すべきちゃいますのん? 『若気の至り』では済まされまへん…『敬意』なんてカケラも感じまへん」と本田の姿勢にも疑問を呈す。


「この事はず~っと言わんつもりでいたけど、彼がこの事に口を開いた以上、美談になるのは『そんなアホな』なんで書いてしもた」と発言した真意を説明した清水だが、ブログのコメント欄は賛否両論に分かれた。


 これを受け清水は7日にもブログを更新。反対意見や書くべきでないとの意見があるのは承知の上で「で、どうしても看過ならんと思い『アホな正義感?』とともに、腹を括って書きましてん」と再度発言した理由を説明。それでも本田の姿勢がよほど許せないのか「時間が経って立場もできた今になって、暴言のことは話さず『エエ話』にしてしまおうというやり方が、ワタシにはどうしてもあまりにも卑怯に映ったんどす」とブログの最後でも再び批判した。


 清水といえばサッカー好きとして知られており、親しいサッカー選手や関係者も少なくなく、その発言がでっち上げとは考えられない。ブログ中「この話題をこれ以上広げるつもりはありません」と語ってはいるが、既にサッカーファンの話題となっており波紋が広がりそうだ。