SMAP育ての親・I女史独立? 新ドラマでも入念な根回し

2015年09月09日 06時00分

 SMAP育ての親で、各テレビ局に大きな力を持つといわれるI女史の独立機運はドラマのキャスティングにも見られる。

 ジャニーズの人気アイドルグループ「Kis―My―Ft2」の玉森裕太(25)が、10月スタートの連続ドラマ「青春探偵ハルヤ」(日本テレビ系)に主演する。

「『SMAP×SMAP』を制作している関西テレビだったら、何とでもなるだろうけど、このドラマの制作は読売テレビ。どちらかといえば、I女史がねじ込むことのできる関係ではなかったのに、主演を取れた。やっぱりIさんの営業力は、すごいなって思いましたよ」(制作会社関係者)

 ただ、ある芸能プロ幹部はこのドラマ制作の経緯をこう話す。

「キャストを決めるにあたって、I女史はある大手芸能プロのX幹部と手を組んでブッキングしたといわれているんだよね。それ自体、営業努力のたまものだから、何の問題もないのだけど、いままでは、その幹部と組んで仕事をするというのはめったになかった。だけど、ここ最近、急接近しているんだよ」

 この急接近も「週刊文春」で内部抗争が報じられてからだったという。

「インタビューではメリー副社長に『出て行ってもらう!』とまで言われたI女史。退社、独立するならX幹部は大きな後ろ盾になる。そのへんを計算してるんじゃないかね」と同幹部。“その時”は迫っている――。