ハメ撮り流出被害アナ キャスター続行で決着濃厚の裏事情

2015年09月06日 10時00分

流出被害騒動を報じる本紙5日付本紙1面

 人気女子アナの不倫ハメ撮り騒動で、当事者のAアナを看板番組でキャスターとして起用しているテレビ局は火消しに躍起になっている。


 本紙昨報通り、フライデー最新号に載った流出エッチ写真は「自分だ」と友達には告白したAアナだが、上司には「私じゃありません」と否定。


「フライデーはモザイクを入れる前の写真を持ってて、誰だか分かってますよね。でも、それを公にしたら名誉毀損で本人から訴えられる可能性もあるし、ああいう(モザイク入りの)出し方がギリ。A本人もそれを分かってるから、上司にも否定したんでしょう」とは局関係者だ。


 一歩間違えば、持ち込んだ男性関係者とともにリベンジポルノに加担したと言われかねないネタのためか「フライデー編集部でもかん口令が敷かれている」(元関係者)という。


 同局関係者によれば、Aアナの担当番組のスタッフ間では早々に「Aじゃないらしい」という話で落ち着き、他局の番組キャスターを最近休養・降板したBアナが写真の主だとの話が流れ始めた。だが、Bアナの経歴はフライデーの記事内容と合致しない。


「番組的には、ライバル局に騒動の火種を押し付けたいみたいね」と局関係者は指摘する。


 4日には、同関係者によれば「ウチの局アナCだって噂も局内で広まってた」。確かにCアナの名は当初から挙がっていたが、彼女と親しい番組スタッフによれば「フライデーに載った、不倫相手とのツーショット写真で当事者が持ってる絵馬を見ると、Cの筆跡とは違う。実際はもっと下手だ」という。


 そんな“裏付け”もあり「二転三転したけど、局内では『やっぱりAだ』ということになってる」(同関係者)というが、表向き本人が否定している以上は「番組キャスターを降ろされることはないのでは?」というのが大方の見方だ。