【TBSトイレ盗撮】07年には久保田アナが被害

2015年09月06日 06時00分

盗撮事件を報じる2007年10月19日付本紙

 TBSの盗撮事件といえば、同局の久保田智子アナ(38=報道局経済部記者兼務)が2007年に被害者となったのが衝撃的だ。同局内の女子トイレの個室に久保田アナが入ったところ、朝の情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」(現在は終了)の元契約スタッフ(当時26)が隣の個室からケータイで盗撮しようとした。


 久保田アナが差し出されたケータイを発見し「何やっているの!」と一喝。後輩の青木裕子アナ(32=現フリー)らが駆けつけ、身柄を取り押さえた。人気女子アナが被害に遭い、自ら捕まえた珍しい事件となった。このスタッフは、盗撮による迷惑防止条例違反ではなく、建造物侵入の疑いで警視庁赤坂署に逮捕された。ケータイには人が写っていなかったため、迷惑防止条例違反は問えなかったからだ。久保田アナは自身のブログで“法律の不備”を鋭く指摘。世間の共感を呼んだ。


 くしくも今春から、久保田アナは今回の“盗撮事件”を起こした「あさチャン!」の土曜版「あさチャン!サタデー」で、メーンキャスターを務めている。局内で再び起きた盗撮をどう伝えるか、見ものだ。