ゴールデンボンバー 初登場「a―nation」で禁断パフォーマンス

2015年08月29日 21時00分

ゴールデンボンバー
ゴールデンボンバー

 エイベックスが主催する夏の恒例イベント「a―nation stadium fes.2015」の東京公演初日が29日、東京・味の素スタジアムで行われ、初出場のゴールデンボンバーが期待を裏切らない“禁断パフォーマンス”で会場を沸かせた。

「エイベックスばんざーい!」と、登場するなり主催するエイベックスへ存分にこびを売ったボーカルの鬼龍院翔(31)は、「こんなきったないバンドを呼んでいただいてありがとうございます。客席の清潔感、新鮮です。これからどんどん汚くなっていくので、ご飯のふたは一旦閉めてください」と客席に警告だ。

 すると、喜矢武豊(30)が「早食いが得意なんです。常に早食いしたくてしょうがない。夏っぽいもの早食いしたいです」と話せば、樽美酒研二(34)も「僕、(今日出演した)Every Little Thingさん大好きなんです。応援のために手作り看板を持ってきました」と、なにやら不穏な空気を漂わせる。

 もちろん、全ては前フリだ。ライブの途中で突如、喜矢武が「味の素」と書かれた特大の瓶を持ち出し、大量にスイカにかけて一気に食べ尽くす。一方の樽美酒は手作り看板をステージに持ち込んだが、何かがおかしい。よく見ると、ThingのTの字が足りない! 間違いに気づいた樽美酒は、客席に背を向けておもむろに白のロングパンツを脱ぎ始め、黒の極細Tバック姿に…。自らTの字になってお手製看板を完成させ、会場を爆笑の渦に巻き込んだ。

「大好き」だとはいえ、ほかのアーティストの名前をTバックで表現するのは、あまりにも下品すぎる“禁断パフォーマンス”。さすがに後から怖くなったのか、樽美酒は「鬼龍院さん、後で謝りに行こう!」と話し、ステージを後にした。