「不正受給疑惑」なかったことに?

2012年09月29日 13時57分

 本紙昨報の「女子ラグビートップチームの実質的運営団体」の「toto(サッカーくじ)助成金不正受給疑惑」に新展開だ。

 疑惑は社団法人「トップアスリートマネジメント(以下TAM)」が平成23年度に女子ラグビー普及のために助成金を受給しながら、その金を実質的に運営するクラブチームのために使用していたことに加え、900万円もの水増し請求を行っていたというもの。さらに、不正受給が行われていた当時、フジテレビのスポーツ番組「すぽると!」を担当していた現役社員が社団法人の理事に名を連ねていたことが問題視されている。

 クラブチームの元代表が25日、不正受給の内容を認める告発文をチームのホームページ内のスタッフブログに掲載。ところが、アップされたこのブログは同日中に消去され、スタッフブログ自体がなかったことになるという“異常事態”が勃発した。本紙がフジテレビの広報担当者に当該案件について問い合わせたところ、以下のような答えが返ってきた。

「当該社員にヒアリングしたところ『そのような事実はない』との答えが返ってきた。処分等はありません。またスポーツ局所属でなく、現在の部署は教えられません」
 本紙が「当時の議事録などもあるが、その件について当該社員にヒアリングしたのか」と聞くと、広報担当者は「議事録については把握してません」とのことだった。

 totoの収益からスポーツ団体に配分される助成金をめぐっては、不適切な受給の発覚が相次いでいる。奇しくも本紙が今回の疑惑を報じた25日、totoを運営する日本スポーツ振興センターは、一部の団体で人件費の還流が判明した助成事業の廃止を決めた。


フジ「すぽると!」担当に助成金「不正受給」疑惑