衝撃写真公開!屋久島にカッパ出現

2015年08月22日 06時00分

記念写真に納まる少年少女の左上、岩に腰掛けているようなもの、これが“カッパ”

 悠久の自然が残る屋久島の「龍神伝説」が語り継がれる滝の前で、お盆の入りの8月13日“キュウリを手にしたカッパ”が撮影された。屋久島といえば、本土最南端の鹿児島県の佐多岬の南南西約60キロに位置する、日本で9番目に大きな島。島の90%が森林で、屋久杉の自生林などがユネスコ世界自然遺産に登録され、手つかずの大自然の宝庫として知られる。山が多く、日本一の雨量のため、滝も多い。カッパの出現は、異常気象や桜島の大噴火警戒と関係があるのか――。

 カッパと思われる不思議なものが写り込んでいた場所は「大川の滝」の前。落差88メートルで、日本の滝百選に選ばれている屋久島最大の滝だ。

 その不思議なものは、画面向かって前列左端の少女の頭の真上に写っている。拡大すると、滝つぼの岩に座って前かがみになっているように見え、全身の色は黒みがかった緑。口のあたりだけがクチバシなのか黄色だ。まさに伝説のカッパを思わせる。

 写真の所有者である漫画家の佐々木彩乃さんはこう説明する。

「この写真は私のおいっこの友達のお父さんが撮った写真です。8月13日に撮影されました。おいが『心霊写真を撮った』と携帯メールに画像を送ってきたので、詳しく電話で聞きました。私が『観光客が多い場所なので人ではないか?』と質問したのですが、おいいわく『この時は誰もおらず、もう1枚撮った写真には写り込んでいなかったので、みんなで大騒ぎになった』そうです。私が今年のお正月に帰郷し、宮司さんと雑談した時に『大川の滝には黒龍がいる』と聞いていたので、もしかしたら黒龍の化身か、カッパではないかと思っています」

 屋久島は1年のうち、150日以上も雨が降ることでも知られ、観光客は雨ガッパが欠かせない。大自然が残る島にはカッパ伝説も残っている。

「カッパかも!?と思って見ると、背中には甲羅のようなものがあるようにも思えてくる。手に持った何かを見つめているようにも見えてくる。カッパならば、手に持っているのはキュウリとも思えてくる」(関係者)

 オカルト評論家の山口敏太郎氏はこうみる。

「鹿児島でカッパは“がらっぱ”と呼ばれており、伝承では『ひょんひょん』と鳴きながら空を飛ぶともいわれています。渡り鳥の鳴き声から生まれた『がらっぱ伝説』でしょう。しかし、この物体は不思議。われわれ日本人の先祖がこのような物体を目撃することでカッパを幻視してきたのではないでしょうか」

 大川の滝の黒龍、龍神伝説、異常気象や桜島の大噴火警戒との関連はどうか。

 山口氏は「そこでカッパのような物体が写り込んだのは意味深です。龍神は水神であり、カッパも水神の眷属(けんぞく=従者や配下)だからです。今年だけでなく、屋久島では平成以降もカッパの目撃証言が多々あるようですから、異常気象や桜島の噴火警戒とは関係はなさそうです。はたまた、キュウリを持ったカッパではなく、全身緑色の服を着たスマホを持ったおっさんの可能性も否定できない。しかし、カッパの話は日本人を楽しくしてくれるし、愉快な涼も運んでくれます。だからこそ、カッパは長年、日本人に愛されてきたのでしょう」と解説する。

 屋久島、種子島を含む鹿児島県の大隅諸島には、カッパ伝説が数多くある。容姿や行動は本州のカッパとまったく同じ。むしろ、九州のカッパ伝説は本州より多いともいわれる。そのため、カッパの呼び名も本州のようにカッパ、河太郎だけでなく、九州では、がらっぱ、がらっぱじょう、がわっぱ、がーたろ、げーたろなど、様々だという。

 カッパは鬼や天狗(てんぐ)と並ぶ日本古来の“レジェンド”妖怪だ。だが、ツチノコと同様、しばしば目撃談が出てくるUMA(未確認生物)でもある。伝説の妖怪とUMAのはざまにいるカッパだけに、いずれ捕獲される日が来るかもしれない。