こじはる「AKB卒業発表」おいしいとこ取り計画

2015年08月06日 10時00分

映画「テッド2」の日本語吹き替えアフレコイベントに、ゲストとして出席したこじはる

 グループ卒業の時期が注目され続けている「AKB48」小嶋陽菜(27)が4日、都内で行われた映画「テッド2」(28日公開)の日本語吹き替えアフレコイベントに、ゲストとして出席した。小嶋は「第1回AKB48グループ対抗大運動会」(25日・東京ドーム)での卒業発表が指摘されている(本紙既報)。その影響もあってか、アフレコイベント会場には約70人の報道陣が駆けつけた。

 トークショーでは、テッド役の吹き替えを担当した有吉弘行(41)から「AKBの卒業も間近でずいぶんエロくなった」とネタにされ、小嶋は苦笑い。自身の卒業について言及はしなかったが「大運動会」での“ズル休み&電撃発表”が噂されている。

「こじはるは『大運動会』について『イヤだぁ~』と出場を拒否しているみたい(笑い)。もともと面倒くさがり。いよいよアラサーも迫ってきているのに、若いメンバーたちと一緒にいまさら大運動会は厳しい、と」(芸能関係者)

 確かに10代に比べると体力にも問題が…。

「1、2日にさいたまスーパーアリーナで開催されたコンサートで、こじはるは暑さや疲労で2日の昼公演でギブアップ寸前。夜公演を休もうとしたみたい。公演がすべて終わった後も全身の筋肉痛で悩まされているようだから『大運動会』を“ズル休み”したくなるのも納得」(別の関係者)

 だが、そこは48グループ屈指のエンターテイナーだけに計画はある。

「『大運動会』で盛り上がるだけ盛り上がった終盤にサプライズ登場し、卒業を電撃発表するとささやかれています。要は“おいしい”ところだけ持っていくというわけ」(前出芸能関係者)

 卒業をめぐって本紙と幾多の“バトル”を展開している“東スポの恋人”の動向に、注目が集まっている。