「PASSPO☆」槙田紗子のツイッター「乗っ取り犯」は大学生

2015年07月31日 20時38分

ツイッター乗っ取り被害に遭った槙田紗子

 活動休止中のアイドルグループ「PASSPO☆」メンバー槙田紗子(21)のツイッターアカウントに5月14日、メンバーへの不満や「芸能初めてから何人とエッチしたんだよって」など性的な言葉が書き込まれた事件で、所属事務所のプラチナム・プロダクションは31日、同社のホームページで、6月5日に神奈川県在住の男子大学生(23)が不正ツイートの犯人であるとして出頭していたことを発表した。


 プラチナムは当初から第三者による不正ツイートであるとしていたが、この日の発表で、大学生が6月5日に代理人である弁護士を伴い、渋谷警察署生活安全課に自ら出頭。不正ツイートの犯人であると名乗り出たうえで、同社に対して示談の申し入れを行ったことや、31日付で示談が成立したことが明かされた。


 またHP上では大学生による手書きの謝罪文も掲載された。文中で大学生は自らが犯人であることを認め、犯行については「私は酒に酔っていた為、酔った勢いで槙田氏を困らせようとあのようなツイートをしてしまいました」と説明。ツイッターの乗っ取り方法については「ログインパスワードは氏名、生年月日から容易に推測できたものでしたので比較的すぐにログインできました」としている。


 槙田のアカウントでは枕営業や「芸能初めてから何人とエッチしたんだよって」「みんな付き合ってもないのにエッチしてばっかだから」と更新されたことがアイドルファンを中心に大きな騒ぎとなった。


 大学生は「枕営業については、特に具体的な根拠があったわけではありません。全て私が創作したものです」とすべてウソであったとし、自身が起こした騒動が大きくなったこと、さらにプラチナムが渋谷警察署に相談していると発表していることを知り「大変なことをしてしまった」と思い、弁護士とともに渋谷警察署に出頭したという。


 謝罪文は「私の軽率な行動により貴社(プラチナム)や貴社所属タレントの皆様方、その他貴社関係者の皆様方に多大なご迷惑をおかけしました。誠に申し訳ないことをしたと感じ、反省をする毎日です。今後も貴社の信用回復のためにできる限りのことは協力させていただく所存です。本当に申し訳ございませんでした」との言葉で締められている。