BMW破壊のノブコブ吉村が謝罪「自動車の愛し方を間違えた」

2015年07月29日 14時15分

「日本ベスト・カー・フレンド賞」の授賞式に出席した「平成ノブシコブシ」吉村(左)とはるな愛

 お笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇(35)が29日、都内で行われた「日本ベスト・カー・フレンド賞」の授賞式に出席。当サイトが報じた「FNS27時間テレビ2015」で約2000万円の高級車「BMW i8」を自ら破壊した“蛮行”について語った。

 

 昨年、自動車の運転免許を取ったばかりで初心者マークをつけているにもかかわらず、約2000万円もの高級車を買った心意気がテリー伊藤氏(65)に評価され、同賞を受賞した吉村は「いろいろありましたけどね。ニュースにもなってますけど、愛があるがゆえに、あんなことになってしまいました」。暗に27時間テレビでの“蛮行”を示唆して、歪んだ?自動車愛を語った。

 

「車はともだち!」と言う吉村だが、先日の27時間テレビでは自らの愛車に飛び乗ったり蹴りを入れたりした結果、フロントガラスが割れるというハプニングに見舞われた。破天荒キャラを貫くための身を削ったパフォーマンスだったが、「愛し方を間違えたというか、はしゃぎすぎた」と反省。さらに「修理の見積もりはこのあと出る。代車も今日届きます」と明かした。

 

 月々7万円のローンを払っているという吉村。自業自得とはいえ、高級車の購入早々に災難に遭った格好だ。