再結成「REBECCA」20年ぶりライブに3000人熱狂

2015年07月28日 20時29分

再結成ライブで歌うNOKKO

 1980年代に人気を博した伝説的ロックバンド「REBECCA(レベッカ)」が15年ぶりに再結成され、28日、東京・江東区の豊洲PITで20年ぶりのライブを行い、3000人の観客を熱狂させた。

 昨年12月にNOKKO(51)がビルボードライブに出演した際、ゲストとして訪れたメンバーと再会。そこで再結成の機運が高まり、8月12~13日に横浜アリーナで2日間公演を行うことが決まり、11月29日にはさいたまスーパーアリーナで追加公演を行うことも決まっている。

 この日はそのプレビュー公演として行われたが、8月の本公演とともにチケットは完売。2日間で3万人動員予定のところ、14万通ものチケット購入の応募があったという。

 黒を基調にしたシックな衣装にベレー帽をかぶって登場したNOKKOは「みんな来てくれてありがとう。みなさん、生きててよかったですね!」とファンにあいさつ。

 その後、「最初は久しぶりの恋人に会ったみたいで恥ずかしかった」と話したが、「RASPBERRY DREAM」「フレンズ」など全6曲を熱唱。最後はメンバー全員と抱擁を交わした。